開運

ブログトップ

良いことが良いことをドンドン連れてくる

■良いことが良いことをドンドン連れてくる
それととっても重要な事がもう1つ。運が良くなるにつれて
共時性・シンクロニシティというものがひんぱんに
起こるようになります。

例えば、何か難題を抱えている時に、解決できる方法を
 持っている人から連絡が入って、すぐに解決してしまった。
 欲しいと思っていたものが、人に話してもいないのに
 プレゼントされた・・・。
 共時性・シンクロニシティとは意味のある
(不思議な)偶然の一致のことです。
  この現象は、科学で証明することは難しいのですが、
 誰にも起こうるごく当たり前の現象ともいえます。

 共時性・シンクロニシティ(Syncronicity)とは心理学者、
 カール・グスタフ・ユングによって作られた言葉です。
 運気の良い人には、これらが頻繁に起こっているのです。
 決して偶然ではありません。
 何故かと言うと、運気(波動)が良くなる=良い
 共鳴現象が起こる=それらが頻繁に起こる、
 つまりこれこそが共時性・シンクロニシティなのです。
 ユングは共時性・シンクロニシティの例として、
 自分の経験した以下のような
 事例を挙げています。

  精神治療をしていたある精神障害の女性が、昔観た、
 自分に黄金の甲虫をかたどった宝石が与えられる
 夢のことをユングに話しているちょうどその時に、
 治療室の外の窓をトントンとたたく音が聞こえた。
 2人がそちらの方を見ると夢の中の甲虫をかたどった宝石に
 良く似た黄金虫が窓にぶつかっていた。
 ユングは虫を捕まえて彼女に渡した。
 彼女は手の中の黄金虫をじっと見ているうちに
 彼女の内面の壁が崩れていくのがわかり、
 これをきっかけに彼女はユングの治療を素直に
 受け入れ回復に向かった」

素直な心で生活をしていると
自然に洗剤意識は動き働き出しますね。 感謝

[PR]
by furuhasi19 | 2006-11-01 09:03 | 竹炭で運気アップ